ブログ

ブログ

ブログ|箱根の旅館ならホテルおくゆもと

箱根の旅館 箱根湯本温泉 ホテルおくゆもと より最新情報を配信してまいります。

マイセンアンティーク美術館

 こんにちは。お久しぶりの売店の伊藤です。

 9月に入りました。箱根でも秋の気配を感じるようになりました。

 芸術の秋という事もあり、ブログで美術館特集を行っていますが、
今回ご紹介する美術館は「マイセンアンティーク美術館」です。

 「マイセンアンティーク美術館」は吉田茂総理時代に日本銀行総裁だった一萬田尚登氏が住まわれていた由緒ある邸宅です。そんな昭和を感じさせる熟成された時を感じる上品な空間で館長様がコレクションされたマイセンの芸術品を観賞する事が出来ます。

  マイセン1.jpg




 本来館内の展示品の撮影は禁止ですが、美術館のスタッフの方々のご配慮で特別に撮影を許可して下さりました。どの展示品も目を
見張る物ばかりでした。中世ヨーロッパの優雅で贅沢なひと時を味わうことが出来ます♪
 マイセン.jpg


  この美術館の素晴らしいところは西洋だけではなく「和」も大切にされていて、畳部屋にも上品に東洋と西洋をアレンジしたところに惹かれました。西洋だけではなく「和」も大切にされている館長様の「和心」感じさせてくれます。
 マイセン2.jpg


 1F奥に進んで行きますと「カフェ アーチェロ」があります。私は
ここでカレーライスと紅茶を頂きました。陶芸、料理研究家で有名な「北大路 魯山人」は「食器は料理のきもの」と言う名言を残しました。こちらではマイセンの食器でお食事が堪能出来ます。
味もさることながらちょっとした贅沢を味わうことが出来ました。
 マイセン3.jpg

 

 またお客様は女性のみならず、年配のご夫婦も結構ご来館されていて、若かりし頃の思い出を語っているかのようでした。
館長様自らお客様を接客されているご様子も拝見しました。
同じ接客業として学ばせていただきました。

 マイセンアンティーク美術館はホテルおくゆもとから車で30分、
湯本駅から強羅まで行って頂き、施設めぐりバスで「ひめしゃら林道」で下車し徒歩5分です。ドイツの国旗が目印です。

 御興味のある方、是非如何でしょうか?
箱 根-観光
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『ポーラ美術館のご紹介!』

ポーラ美術館 エントランス.jpg


こんにちは。ホテルおくゆもと『旅先案内人』の金子です。
芸術の秋、今回箱根よりご紹介するのは『ポーラ美術館』です。

館内は非常に広く、開放的で近代的なイメージでした。平日にも関わらず非常に多くのお客様で賑わっておりました。19世紀フランス印象派やエコール・ド・パリ、ピカソらの20世紀絵画を中心とした西洋絵画が展示されております。

クロード・モネ《バラ色のボート》1890年 ポーラ美術館蔵.jpg


(モネ『バラ色のボート』)

学生の頃に美術の教科書で見たモネの作品もいくつかありとても感動しました!館内展示品の写真は撮る事ができませんが、画像データを送って頂きましたので載せさせて頂きます♪

ポーラ美術館 カフェテリア.jpg


(館内にあるカフェテリア)

館内にはガラス張りでたっぷり日差しを感じられ、開放感溢れるカフェテリアやレストランなどもあり、芸術作品以外にもお楽しみ頂ける施設となっております。

ポーラ遊歩道写真・横.jpg


美術館の外には、新たに『森の遊歩道』が拡張されておりました。
コースにより20分から40分で箱根の原生林を散策できるようになっております。足場もしっかりとしとりますので、ポーラ美術館に行かれる際は遊歩道を歩きながら森林浴をされることをお勧めします!

公共の交通機関をご利用のお客様は強羅駅から施設めぐりバスで約13分です。ホテルおくゆもとからお車で30分位と近いので、ご来館の際は是非お立ち寄り頂きたいと思います!
箱 根-観光
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『芸術の秋!箱根美術館のご紹介♪』

こんにちは。ホテルおくゆもと『旅先案内人』の金子です!
芸術の秋、今回ご紹介するのは強羅にある『箱根美術館』です。


箱根美術館 庭園.jpg


こちらの美術館にはとても綺麗で立派な庭園があります。8月にお伺いした際にはまだお庭のもみじが青々としており、こけの緑と相まってとても涼しげな雰囲気をかもし出しておりました。11月の紅葉のピークには、お庭のもみじが真っ赤にそまりとても綺麗だそうです♪

箱根美術館 茶室.jpg


庭内にはお茶室があり、有料ですが抹茶をお召し上がり頂けるそうです。綺麗なお庭を眺めながらの一服は、心が落ち着きそうですね。
是非お立ち寄り頂きたいと思います。

箱根美術館竹林.jpg


竹林を抜けると陶器を展示している建物があります。日本の伝統的な様々な種類の陶器が展示されております。中でも一番感動したのは、縄文時代に作られた縄文土器が破片ではなく、そのままの形で展示されていたことでした。他にも教科書でしか見たことのない埴輪などもそのままの形で展示されており本当に驚きました。

電車ですと強羅からケーブルカーに乗り換え、公園上駅で降りて頂き目の前となります。お車ですとホテルおくゆもとから30分位です。ホテルおくゆもとにお越しの際は、綺麗なお庭と陶器の展示品をご覧になりに行ってみては如何でしょうか!?
箱 根-観光
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『秋キャンペーンのご案内!』

フットセラピー.jpg


少しずつ秋の風を感じ始めた箱根から、ホテルおくゆもと『撫子庵』
より秋キャンペーンのお知らせです。今回は「夏のお疲れを癒す!」を目的とした、ゆったりと感じて頂ける特別メニューをご用意しました。

1階癒し処では、当サロンの原点である足つぼを、膝下から足裏までのたっぷり50分間でちょっぴりお得に5,000円でお受け頂けます!

2階「撫子庵」では、今回のキャンペーンのみで使用する、筋肉疲労やリラックス効果の高いラベンダー・ローズマリー・ジュニパーのアロマ
オイルをブレンドしたものを使用した全身トリートメントに、そして温泉水で作られた化粧水と保湿効果抜群の美容液で仕上るミニフェイシャルを組み合わせた90分で15,000円のコースとしました。

秋の夜長の癒しを・・・。ホテルおくゆもと『撫子庵』でお待ちしております♪
エステ『撫子庵』
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『箱根ラリック美術館』のご紹介!

ラリック庭園.jpg


こんにちは。ホテルおくゆもと『旅先案内人』の金子です。
芸術の秋、今回ご紹介するのは『箱根ラリック美術館』です!

こちらの美術館は、フランスを代表する宝飾とガラス工芸家のルネ・
ラリックが残した作品を集めた美術館となっております。


ラリック 電車.jpg


館内には数年前まで実際に活躍していたヨーロッパを走るオリエント急行の車輌がそのままの形で展示されておりました。車両のなかにはルネ・ラリックが手がけた装飾が使われているそうです。

車内装飾.jpg


車両の中はかなりレトロな感じがしましたが、なんとも雰囲気があり
良かったです。時間により実際にティータイムをお楽しみ頂けるとの
事でした。きっとヨーロッパを旅行している気分になれると思います!

ラリック装飾.jpg


こちらがルネ・ラリックの作品の一つです。他にもたくさんユニークで
綺麗な作品が展示されております。ホテルおくゆもとからですとお車で30分くらいと近く、箱根湯本駅からもバスが出ておりますので、ご来館の際は是非お立ち寄り頂きたいと思います♪
箱 根-観光
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『箱根より成川美術館のご紹介!』

こんにちは。ホテルおくゆもと『旅先案内人』の金子です。
箱根では夏の暑さも和らぎ、空気はもうすでに秋です。秋と言えば
「芸術の秋」ですが、ご存知のように箱根にはたくさんの美術館があり、それぞれの場所で芸術をお楽しみ頂けます。

成川美術館.jpg



これから数回にわたり箱根のお勧めの美術館をご紹介してまいります。今回ご紹介するのは、芦ノ湖の元箱根にある『成川美術館』です。

成川美術館の展示会場.jpg



広い館内には五つの展示場があり、日本の名画をゆっくりと味わうことが出来ます。展示される絵画は時期により入れ替えがあるので、また行きたくなってしまいます。


成川美術館からの風景.jpg


館内にあるラウンジからは芦ノ湖を見下ろすことができ、お天気の良い日には芦ノ湖と富士山の両方をご覧頂ける絶景ポイントとなっています。窓ごしに見える景色がそのまま一枚の絵のようで本当に感動しました!

ホテルおくゆもとの前の旧道をそのままお上がり頂き20分位と非常に近いので、ご来館の際は是非お立ち寄り頂きたいと思います!
箱 根-観光
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

『指圧棒』を使ったセルフケアのご紹介!

指圧棒.jpg



こんにちは。ホテルおくゆもと『撫子庵スタッフ』の菊崎です。
今回は、前回ご紹介した「指圧棒」を使ったセルフケアの方法を
ご紹介します。足裏の写真は各臓器の反射区を表しております
のでご参照下さい!

足裏の反射区.jpg



指圧棒セラピー †基本プログラムー

†指圧棒を上から頭の部分が小指側にくるように握ります。
 左の足裏の《腎臓》のゾーンに先端をあてて押します。

†《腎臓》のゾーンから土踏まずの下側に向かって《輸尿管》のゾーンをさすります。

†土踏まずの下側、《膀胱》のゾーンを押します。

††から†を繰り返しましょう。

†土踏まずの《小腸》のゾーンを上下に動かしながら、まんべんなく
 さすります。

†右足裏も同様に行います。


☆指圧棒セラピーを行う際の注意点☆

・指圧棒を当てる場所にはクリームやオイルを塗って下さい。肌を傷つけずすべ りが良くなります。

・セラピーは心臓の反射区がある左側から始めて下さい。流れが良くなります。

・押したりさする時は「痛気持ちよい」と感じる程度が最も効果的です。


指圧棒セラピー基本プログラムは如何でしたか?意外と簡単に行えますので是非お試し下さい!便通が良くなったり、身体が温まったりしてくるのを感じられるはずです♪

指圧棒はホテルおくゆもと売店と1階リラクゼーションサロンにて販売しております。詳しい使い方など、お気軽にサロンスタッフまでお声かけ下さい。お待ちしております!
エステ『撫子庵』
author : 箱根湯本 ホテルおくゆもと | comments (0) | trackbacks (0)

ご案内

  • お部屋
  • お料理
  • 温泉
  • エステ
  • おもてなし
  • 館内施設
  • 周辺観光
  • 交通アクセス
  • ご予約

ページのトップへ